ただの「赤ちゃん」だったのが可愛い「わが子」になってきた

ただの「赤ちゃん」だったのが可愛い「わが子」になってきた

ネットスーパーで注文する以外でPCを開いたのはいつぶりだろう
 
久しぶりにカタカタと文字を打つのが心地良い
 
 
***
 
付き合ったのはノリで
結婚もなんとなくの流れで
 
流れにのって結婚生活がスタートした
 
2年だったか3年だったか、そんくらい付き合ってはいたけど
相手の本質は見えてなかったと思う
 
結婚生活を通して1つずつ相手のことを知って
(今でも分からないことたくさんあるよ)
 
相手の価値観と自分の価値観を調整して
合わせてきて
夫婦として成熟してきたから?
 
長い長い年月を経て
去年の夏やっと妊娠できた
 
 
いま、わたしの横では
そのときにお腹にきてくれた赤ちゃんが
スヤスヤと寝ている
 
このスヤスヤがアーンという鳴き声に変わったら
この文章は途中でもやめなくてはいけない
 

 
ちょっとだけ声がした
 
やめることになるかもしれない
でもまだ大丈夫かな、、、続けよう
 
 
 
この子が産まれたとき
想像では
わたしは号泣すると思ってた
 
「産まれてきてくれてありがとう」
って。
 
 
でも、実際は
「おっも(重)」
という感想
 
 
出産がつらすぎて
そういう感想になった
というわけではないんだけど
 
特に涙が出るわけでもなく
あっけらかんと…は言い過ぎだけど
 
感動よりも
直接的な物理的な重さを感じて
 
「意外と重いんですね、、」
 
なんてことを助産師さんに言ったりしてた
 
 
それでも
産まれたての赤ちゃんは
”普通に”かわいくて
あ〜なんかすごいな、、(語彙力w)
って思った
 
 
でも正直、お腹にトツキトウカいた割に
まだ自分の子供、つまり「わが子」って実感はあまり湧いてなかった
 
なんかね、赤ちゃんが横にいることが不思議な感じで。
自分の子というよりも、「赤ちゃん」って感じで。
 
 
あれから
はや2ヶ月ちょいが過ぎ
 
いま、その赤ちゃんは
 
…いや「わが子」はわたしの横でまだスヤスヤ眠ってる
 
 
 
出産した日から
日を追うごとにかわいさが増すわが子
 
どんどん「わが子」になってく赤ちゃん
 
もう立派な、というかわが家の超中心人物だ
 
もう超超超超超かわいい
かわいさしかない
かわいいかわいいかわいい
 
 
おっと、親ばか炸裂しちゃいましたw
 
でもね、もうそれくらい
本当にかわいい
 
 
思えば
夫との距離も結婚生活を続けることで縮まっていった
夫との愛情も、色んなことでぶつかって、くっついてを繰り返して、深まっていった
 
あ、現在進行系がいいかも。
深まって”いる”かな
 
 
で、わが子とはまだ2ヶ月
 
だけど
 
これからも色んなことを通じて
家族としての距離を縮めて、愛情がお互いにどんどん深まっていくだろう
 
 
徐々に徐々にが丁度いい
 
だから
これから日々を続けていく中で
どんどん家族になっていこうね
 
よろしくね
 
 
さ〜て、そろそろスヤスヤしてるわが子を起こしにいくかな

スポンサーリンク



ABOUTこの記事をかいた人

アバター

フルタイムで働くOLです。夫と二人暮らし。
旅行とお笑いと美味しいものが大好き
夢は毎月海外旅行に行く生活をすることと海の近くに住むこと 詳しくはプロフィールをどうぞ