体の変化が辛い時もあるけど、今に感謝して、残りのマタニティライフを楽しみたい

体の変化が辛い時もあるけど、今に感謝して、残りのマタニティライフを楽しみたい

今日は出産予定日の2日前
 
お腹は常にピーンと張ってる感じ
 
胎動はその張ってるお腹を
あたかも太鼓のようにドンドコドンドコ蹴ってきて
突き破ってくる感じだし
 
胎動とは別で時々猛烈な痛みもやってくる(たぶん前駆陣痛)
 
腰も痛くて
左足に重心がのると
ピキーって痛みが走るもんだから
歩くのは半歩ずつ
超絶ゆっくりじゃないと歩けなくなってしまった
 
それでも
わが子がお腹にいると思うと
「この痛みもしょうがないか…」
と思えるから不思議
 
といっても
痛いものは痛いw
 
できることなら
「早く出てきてほしい…」
というのも本音
 
先週の検診で、先生から
「子宮口が2cmくらい開いてるし、予定日超過はないでしょう」
と言われたし、検診の次の日にはおしるしも来た
 
だから
「お!もうすぐかも?!」
なんて思っていたけど
 
おしるしからは
既に4日以上経っている
 
まぁ、おしるしが来ても
実際にお産が始まるのは
おしるしから1週間後になる人もいるみたいだし
しょうがないか
 

スポンサーリンク

産休があって助かった…

そう、最近すごく思うのが
産休があって良かった…ということ
 
正直、産休に入る前までは
産休って実際のところ意味あるのかな?
って思ってたけど
 
わたしの場合は
めちゃくちゃ意味あった!
 
だって
産休に入った直後から
お腹の痛みが始まって
いつお腹の痛みがあるか分からないから
遠くへは行くことができなくなり
(最寄りの駅まで行くのがやっと)
 
臨月になって2週目には
腰痛が発動
まともに歩けないくらいの痛みが出て
さらに行動範囲が狭まった
 
産休がなければ
お腹が痛い時に
すぐに横になって休むってこともできなかったし
仕事中もいつ来るか分からないお腹の痛みに不安になっていただろう
 
人によって
症状ある人ない人いるだろうけど
 
わたしとしては
産休をいただけてることが
ありがたかった…
 

”今”に感謝して残りのマタニティライフを送ろう

予定日通り、産まれるまで残り2日なのか
それよりも早く産まれるのか
もっともっと遅いのか
 
正直全くわからない
 
そして、体の急激な変化についてけなくて
辛…
って思う時も多々ある
 
でも、まずは
 
お腹でしっかり育ってくれてるわが子や
産休をいただけているこの環境
家族のサポート
などなど
 
今この時に感謝しよう
 
今のありがたみを噛み締めながら
あとちょっと
もうちょっとだけ
お腹の子を見守っていけたらと思う

スポンサーリンク



ABOUTこの記事をかいた人

アバター

フルタイムで働くOLです。夫と二人暮らし。
旅行とお笑いと美味しいものが大好き
夢は毎月海外旅行に行く生活をすることと海の近くに住むこと 詳しくはプロフィールをどうぞ