ルールに縛られてブログが書けない?ならルール壊せばいいじゃん

ルールに縛られてブログが書けない

最近ブログが書けなくなってました…。

「書けない」というのは
ネタがないから書けないということではなくて

”軽い気持ち”でブログを書くことが
ブログに対して”申し訳ない”気持ちがあって
書けなかった。

noteは書けるのに(といっても週一日書けるか書けないかくらいだけど)
ブログが書けない。

もし同じ悩みを抱えてる人がいたら、この記事を読んでブログを書こうと思ってもらえたらうれしいです。

自分で決めたルールに自分で縛られてた

ブログを書けなくなってた理由

それは単純に、ブログを書く時間がないという理由もあるけれど
時間は自分で作ろうと思えばいくらだって作れる。
(今日だって、興味ないテレビを見て時間を使っちゃってたし…)

そうではなくて、ブログを書くためには
・腰をしっかり据えて
・ぐぐぐっと集中して
・熱量をMAXに上げて
書かないとダメだって、自分で勝手に決めてた。

それ以外にも、ブログの書き方は
・導入文は課題を投げかけて、解決方法を案内する感じにしなきゃ
・見出しは3つくらい必要だよな
・読みやすい文章にしないと
など、自分の中でざっくり決めていたルールがあった。

これらのルールは、間違ってるわけではないし、合ってる場面の方が多いと思う。

それでも

いつの間にか”自分で”決めてたルールに”自分で”縛られて
ブログが書けなくなってた

自分のブログは自分の子供のようにかわいい

そもそも、自分のブログなのに
何を遠慮しているんだろう??
と不思議に思う人もいるかもしれない

私自身も、なんでnoteは書けるのに、ブログは書けないんだろう?
と考えて

ようやく答えが出た。

それは、
今までブログに愛を注いできていて
これからも、まるで我が子のように愛し育てていきたいからだ

と気づいた。

止まってたら意味がない。動きながら考えよう

自分の子(ブログ)を愛するために
ルールを持つことは大事かもしれないけど
それで動けなくなってるんだったら本末転倒

だから私はこれからは動いて動いて動きつづけながら
私にも、このブログを読んでくれたあなたにも
フィットする形を模索していく感じにしようと思う

軽〜く、ふわっと、ゆったりと

何よりもブログを楽しみながら
自由にアウトプットしていこうと思います。

てことで、もっと「ブログでの」アウトプットを増やしてくぞ\(^o^)/
と思ったっていう話しでした(*´ω`*)

スポンサーリンク