超迷惑をかけて分かった…転職活動も相手を思いやる気持ちがめっちゃ大事!

超迷惑をかけて分かった転職活動も相手を思いやる気持ちがめっちゃ大事 (1)

こんにちは

ただいま絶賛転職活動中

正直そろそろ決めたい!ってのが本音だけど…
なかなかムズイ〜ってのが現状(・∀・)

そんな中、必須要件を全く満たせてないのに
お仕事の内容が「なんか楽しそう〜」と思って
完全に「自分のエゴ」で応募したことで
応募先の会社に超迷惑をかけてしまった…

応募先の会社の方、本当にごめんなさい(TOT)

転職は、自分の人生にとって重要なこと。

でも、転職する先に「相手」がいるってことを忘れちゃダメ。

私みたいに自分ことだけ考えて応募したら
ただただ相手に迷惑がかかっちゃう

私は今回の面接で失敗したおかげで
会社に応募するときや、面接に向かうときの考え方を
見直さなきゃ…と実感したよ(;´д`)

もし
「必須要件とか全然満たせてないけど
なんか楽しそうだし、とりあえず受けとこ〜!イェーイヽ(`▽´)/」
と思ってる人がいたら

一回立ち止まって
応募した先にいる「人」のことも考えてみませんか?(´-`).。oO

必須要件を無視して応募

応募した会社は「ビジネスレベルの英語」が必須の会社。
募集要項にもきちんとそう書いてあった。

私はビジネスレベルの英語なんて全くできない(._.)
つまり、必須要件は全然満たせてない

にも関わらず、お仕事がおもしろそうだったから
「英語は後でなんとかすればいいや〜♪~(´ε` )」
と思ってダメ元で応募した。

書類はなぜか通って
(たぶん相手方も、英語必須にしてるのに
英語ができない人が来るとは思ってなかったんでしょう…)

いざ面接!

すると、面接官は
海外の方と日本の方の2名。

おっと…これはヤバい感じするな…
と思っていたら

すぐに英語で質問を受けた(;´∀`)

英語の質問なんだから、本来であれば英語で返答すべきだけど
英語で返答できるはずもなく…

「日本語」で
「ビジネスレベルの英語はできないけど応募してしまった」ことをお伝えすると

相手の二人は超困っていて
面接はすぐに終わった

面接をセッティングしてもらって
お二人の時間を作ってもらったのに
求めるものを何一つ提供できなかったことが
本当に申し訳なさすぎて

自分のエゴで応募したことを超後悔した(TOT)

スポンサーリンク

「会社」の中にいるのは「人」。相手を思いやる気持ちが大事

もし相手が「友人」で
仕事で英語が必要だけど、できる人がいなくて困ってて
ビジネスレベルの英語ができる人を探してるって言われたら
今の私では、手は挙げられない。

でも、対「会社」になると急に
「まぁ今できなくても、入ってからできるようになればいいんでしょ?」
って思ってしまっていた

これって完全に甘え(TOT)

今回の募集も、本当は友人の例と同じように

「会社」が募集してるというよりも
会社の「人」が困ってるから募集をかけてる

と考えるべきだった

それなのに、私は
対「会社」のことを、対「人」として考えられてなくて
結果的にご迷惑をおかけしてしまった。

ふだんから相手を思いやる気持ちがあれば
こんなことにはならなかったはず

今回の一件から、
どんなことでも、関わる相手を思いやって行動することの大事さを学んだ

面接を諦めないことも相手への思いやりだったかもしれない

私は英語の質問に対して、最初から「諦めて」日本語で答えてしまった

今考えると、この「諦め」の行動も
面接をしてくれた方に対して、超失礼な態度だったなと

せめて姿勢だけでも見せるのが誠意だったのに…

ほんとごめんなさい(TOT)

だからもし、これから
「自分にはできないかも…」と思う時があったとしても、
やり切らなきゃいけない場面なのであれば、
まずは「諦めない」で、自分ができる限りのことはしようと思った

これが相手を思いやることにつながるよね(´-`).。oO

まとめ

転職活動も相手ありき。

自分のエゴだけで行動すると
相手に迷惑がかかるし、失礼になってしまう

少しでも相手を思いやる気持ちがあれば
今回のようなことは起きなかったと思うから

ふだんから相手を思いやる気持ちを磨いていこう

で、相手が会社だったりで、中の「人」をイメージできない時は
相手が「友人」だったらどうするか?
という視点で考えてみよう

そうすれば、おのずと
どう動けばいいかは見えてくるはず…(*´∀`*)

ではー

スポンサーリンク