辛酸なめ子と寺井広樹のあの世の歩き方

あの世の歩き方

こんにちは

あの世ってどんなものか興味ありません?

わたしは小学生の時に地獄の本を読んで以来
あの世には天国と地獄があるってのも信じてるから
あの世に超興味津々!

そんな時に出会ったのが、辛酸なめ子さんと寺井広樹さんの
「あの世の歩き方」という本。

理由はいっぱいあるけど
・某地球の歩き方wをパロった表紙がかわいかった
・スピリチュアル系の話が好き
・辛酸なめ子さんの独特の語り口や空気感が好き

興味津津で思わず手にとっちゃった

読んだ感想としては
「この本めっちゃおもしろいや〜ん」
(毎日寝る前にちょっとずつ読んでるから、まだ読み終わってないんだけどね)

あの世にちょっとでも興味がある
自分が死んだらどこに行くの?って疑問を持ってる方は
ぜひ読んでみて〜

辛酸なめ子と寺井広樹の「あの世の歩き方」 (漫画とリポートでめぐる「死後の世界」)

「あの世の歩き方」を読めば、あの世がどうなってるか
つまり「あの世の現実」がわかるよ(・∀・)

子供の頃に読んだ地獄の本の衝撃が今でも忘れられない

小学生の時に手にとった地獄の本

小学生でその本を手に取るって何があったの?って思われるかもだけどw
たぶん今と同じようにあの世への興味があったのと、
怖いもの見たさ で手にとったんだと思う。

その本には色んな地獄が描かれていて
こういうことをすると、こういう地獄へ落ちるよ〜
みたいな内容だったと思う

小学生だった私は、その地獄の本を読んで
「わーもうこの悪いことはやったことあるよ〜(嘘つくとか)先に言ってよ〜
もうやっちゃってるから地獄行き決定じゃーん」

とか考えてたw

でもそれと同時に

嘘つかない人なんてこの世にいなくない?
かといって全員が地獄に行くわけじゃなさそう。

悪いことしてもそれを挽回できるくらい
良いことをした人は天国に行けるんだろうな〜

ってぼんやり思ってた

スポンサーリンク

あの世に行くのは超気持ちいいらしい

「あの世の歩き方」には
臨死体験を繰り返してる人や、自在にあの世に行ける人など
あの世につながりを持った?いろんな人のインタビューがのってるよ

この本に出てくるいろんな方が口々に言ってるのが
あの世に行くときはフワッと気持ちいい
ということ

気持ちいい???

死ぬことはなんとなく怖くて、そして小学生の時の地獄の本の影響もあって
「痛そう」って感覚があったんだけど

実際に一瞬あの世へ行ったことある人たち的には
死ぬときは気持ちいいらしい

痛くないんだと思ったらちょっと安心だよねw

まとめ

ちょっとでもあの世への興味がある人はぜひ読んでみて〜

辛酸なめ子と寺井広樹の「あの世の歩き方」 (漫画とリポートでめぐる「死後の世界」)

辛酸なめ子さんが描く独特のタッチのマンガも読んでてほっこりしてオススメ

ちなみにわたしはスピリチュアル系大好きだけど
霊感とか一切ないし、臨死体験もしたことないから
自分では「あの世」を体験することはできないけど
この本を読むことで「あの世の現実」がわかっておもしろかったよ!

ではー

スポンサーリンク